HOME
最新空き情報
マンション・アパート
事務所・貸店舗倉庫
貸工場駐車場
所有物件情報
プロパティマネジメント
お役立ち情報
野田庄こぼれ話
野田庄株式会社の案内
採用情報
お問い合せ
サイトマップ
当社ご利用の方には特別な
サービス・割引アリ!
(提携先募集中!)
個人情報の取扱いについて



中 正敏

代々 太郎兵衛を名のる
連子格子の古びた門に掲げた木の表札
楷書の墨字は 祖父か父か
曽祖父は泊園(はくえん)書院へ野田村から瓦町に歩いて
藤沢南岳の書講をうける魚の問屋
作家恒夫の祖父は寒霞渓名づけの(とうがい)の子
元天魔与力の大塩平八郎
北堀江通りの蘭学木村蒹葭(けんか)堂
適塾緒方洪庵らは名の高い なにわの良識

大坂は 浪華(なにはな) 訛って難波(なにわ)
 方(まさ)に難波の碕(さき)に至るとき
 奔潮(はやきなみ)ありて太(はなは)だ急(はや)きに会いぬ
神武東征の浪華命名説よりも
ぼくは 魚(さかな)屋十二代目太郎兵衛
難波は 八十(やそ)島 魚(な)場(にわ)をとる
野田 福島は入江が近かった
昔から魚がいやほど獲(と)れて
雑魚(ざこ)を売る棒手振りの声が空にひびいた

春の遊びは 吉野の桜 野田の藤
玉川の流れに影をうつす藤の棚は
奈良、春日神社のゆかり藤原の縁つづき
「下(さが)り藤」を紋どころとする藤氏の庭園
藤影にゆれる時が消えるのを
将軍足利義詮も忘れ
秀吉も玉川に舟を浮かべた
夜々、古井戸を這いのぼる白蛇の伝説
巳(みい)さんの祠と古井戸は
子供の遊び場だったが
いまわしい焼夷弾の炎に
野田藤は棚とともに焼けおち
野田玉川の空を赫く焦がしてしまった
大阪春秋社 「大阪春秋」第80号より


中 正敏 略歴

 1915年大阪市福島区玉川町3-82に生まれ、5歳で父死亡のため十二代目太郎兵衛を襲名。雑喉場野田庄鮮魚問屋の当主となり、中央卸売市場移行と共に廃業。
 野田小学校から北野中学をへて市立大阪商科大学(現大阪市大)で末川博教授に学ぶ。住友総本社に入社、石炭鉱業を退いて詩作を始める。
 著書に詩集『水の鎹』、詩論集『詩とともに』、書簡集『X社への手紙』など18冊、詩集『ザウルスの車』により第10回壷井繁治賞受賞。
 元日本現代詩人会会員、新日本文学学校講師、詩誌『詩学』の詩書選評、壷井繁治賞選考委員長などをへて、『人のいない国』刊行。
BACK UP